狭小地住宅だから出来ること

お家を探している人でも、積極的に狭小地住宅を探している人は少ないかもしれません。

できることなら広い土地に建てられた新しくて大きな建物に住みたいと思う気持ちも分かりますが、狭小地住宅には狭小地住宅にしかない魅力があります。

狭小地住宅にはどのような魅力があるのかご紹介していきます。

そもそも狭小地ってなに?

狭小地ってなに?と思っている人もいるかもしれませんね。

狭小地に明確な定義はありませんが、土地面積が約50㎡以下の比較的小さい土地のことです。

低層住居専用地域などに存在する80㎡以下の土地も狭小地に該当します。

狭小地は建物の建築が難しく、敬遠されてしまう傾向にあります。

しかし狭小地だからこその魅力もあります。

手頃な価格でオシャレな新築住宅に住める

狭小地住宅の魅力として「手頃な価格でオシャレな新築に住める」という点が挙げられます。

なぜ手頃な価格なのかというと、土地面積が小さい分土地を安く購入できるし、土地が小さい分建てられる建物も小さくなり建築費用も安く抑えることができるからです。

狭小地住宅なら中古住宅しか買えない位の住宅予算で「オシャレな新築住宅」に住める可能性が高くなります。

手頃な価格でオシャレな新築に住める

住みたい街に住める

住宅予算を抑えることができるので、今までは買えないと思っていた「憧れの街」で住宅を購入できる可能性が高くなります。

「どんな場所に住むのか?」というのは、住宅購入を決める上でとても重要なことです。

これから長い間住むことになるお家をあなたが望む住環境で購入しやすいのも、狭小地住宅の魅力といえるのではないでしょうか?

自分が住みたい街に住もう

狭小地住宅へのこだわり