運営責任者挨拶

生まれ育った”宝塚市”で喜ばれるサービスを提供したい!!

みなさん初めまして。井筒と申します。
宝塚市の中古住宅専門サイト「タカラの家」の運営をしています。
宝塚市で生まれ育ち、今も妻と2人の娘、4人で宝塚市に住んでいます。
会社は大阪市にありますが、何とか「自分が生まれ育った街で仕事がしたい!」という想いから、当サイトを立ち上げました。
「山本駅」「売布駅」「逆瀬川駅」の3エリアに住んだ経験があり、宝塚市には詳しい自信があります。
宝塚市で中古住宅を購入、売却する際はお任せください!

時代のニーズに合った不動産取引を追求していきます。

最近のITによる技術発展はすさまじい速度で進んでおり、その変化は私たち不動産業界にも確実に起こっています。

ほんの十数年前まではチラシが主な広告媒体でしたが、今となってはチラシを配っているのは広告費をかけられる大手不動産会社がほとんどです。

これまで社会が求めていたのは「アナログ」での接客や提案だったのが、どんどん「デジタル」による接客や提案を求めるように変化しているのを身を持って感じています。

その流れは新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、さらに拍車がかかると考えています。

「なるべく対面での会話は避けたい…。けど安心できる提案はきちんとして欲しい…。」このようなニーズがどんどん増えていくでしょう。

この流れは止められないものであり、今政府が急いで法整備を進めている「オンラインによる重要事項説明」が認められれば、最初から最後まで対面せずに不動産取引が完了する。そんな未来もそう遠い話ではないような気がしています。

これからの社会は私なんかが予想できないほど急速に変化していくと思いますが、どんな時代になっても「お客様が求めているものは何か?」「お客様に最善の不動産取引とは?」ということを常に考え、時代に合わせた提案ができるよう努力していきます。

トップページ