宝塚市の水道料金は阪神エリアの中で高いのか?他市との比較

生活する上で欠かせない光熱費。

その中で、今回は「水道料金」について書いていきたいと思います。

知らない人もいるかもしれませんが、水道料金は各地方自治体が独自で設定していて、市によって料金が違います。

宝塚市と近隣の市の違いなどを見ていきたいと思います。

水道料金の基本的な考え方

水道料金は、2か月ごとに行われるメーター検針に基づき請求されます。

基本使用料と、使用量に応じた従量料金の2つに分けられています。

基本使用料はメーターの大きさ(口径)によって違います。

例えば、口径が20mm、100㎡利用した場合は以下のような計算になります。

 

上水道料金

【基本使用料】

口径20mmの基本料金:2000円

【従量使用料】

1㎥~20㎥に対して:400円

21㎥~40㎥に対して:2400円

41㎥~60㎥に対して:3000円

61㎥~80㎥に対して:4000円

81㎥~100㎥に対して:4400円

【合計】

16200円

 

 

下水道料金

【基本使用料】

用途により統一:1060円

【従量使用料】

1㎥~20㎥に対して:500円

21㎥~40㎥に対して:1800円

41㎥~100㎥に対して:6600円

【合計】

9960円

 

このように計算され、合計額に消費税を加算した額が請求金額となります。

上記の場合でいうと、16200円+9960円+消費税=28776円が請求額です。

ちなみに、水道料金と下水道料金は同じ納付書で請求されます。

阪神間エリアの料金表比較

水道料金の基本的な考えはお分かりいただけましたか?

それではここからは、阪神間エリアの各市の水道料金を比べていきたいと思います。

宝塚市の水道料金表

宝塚市の水道料金表
※宝塚市ホームページより抜粋

伊丹市の水道料金表

伊丹市の水道料金表※伊丹市ホームページより抜粋

西宮市の水道料金表



※西宮市ホームページより抜粋

結果:宝塚市の水道料金は少し高め

以上が、宝塚市と隣接している伊丹市、西宮市の水道料金です。

この料金表を元に、さきほど同様口径20mm、100㎥を利用した場合で各市の水道料金を比較してみましょう。

宝塚市上水道、下水道合わせて28,776円(税込)
伊丹市上水道、下水道合わせて27,236円(税込)
西宮市上水道、下水道合わせて30,890円(税込)

宝塚市、伊丹市、西宮市の3つの市で比較すると、上記の結果となりました。

西宮よりは安いですが、伊丹市よりは高いので、宝塚市の水道料金は【少し高め】といえるのではないでしょうか?

我が家では子供たちがお風呂でシャワーを出しっぱなしにしがちなので、今まで以上に注意する必要がありそうですね(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です