住宅を購入する場合の諸費用はいくら?注文住宅と建売住宅の違い

住宅を購入する場合の諸費用とは?注文住宅と建売住宅の違いについて

住宅を購入する際、住宅購入代金の他に各種の諸費用を支払う必要があります。

その諸費用の金額は物件によって異なりますが、事前に理解しておいた方が資金計画を立てる際に役立てることができます。

そこで本記事では、住宅購入の諸費用についてご説明いたします。

住宅購入の諸費用とは?

住宅購入の諸費用とは、税金や手数料などのことです。

以前までは住宅ローンで借り入れず現金で支払うことが一般的でしたが、最近では諸費用ローンとして借入がしやすくなっています。

具体的には、印紙税登録免許税登記費用仲介手数料住宅ローン借入費用などが挙げられます。

これらの費用は住宅の種別を問わず必要になる費用です。

住宅ローンを借りない場合は、住宅ローン借入費用はかかりません。

購入する物件によって必要になる費用と必要ではない費用があります。

例えば不動産取得税は、軽減措置によって税額がゼロになるケースが少なくありません。

新築マンション購入時には修繕積立基金(修繕積立一時金)が必要になったり、注文住宅の購入時には地鎮祭費用などが必要になります。

このように、特定の場合にのみ必要になる諸費用があります。

新築マンションは物件価格の3~5%前後建売住宅や中古住宅は6~8%前後注文住宅は土地・建物の総額の10~12%前後が目安とされています。

 

購入する物件別に必要になる諸費用をまとめると、このようになります。
(○:必要 △:必要な場合がある ー:必要でない)

  新築
マンション
中古
マンション
注文住宅 建売住宅 中古戸建
印紙税
登記費用
ローン費用
不動産取得税
固定資産税
仲介手数料
修繕積立基金
その他

注文住宅は諸費用が高くなりやすい

上の図をご覧いただくと分かるように、建売住宅と比べて注文住宅の諸費用は高くなりがちです。

住宅を建てる場合、土地の上に古家が残っていたら古家の解体が必要になりますし、上下水道を引き込む場合にはその作業にも費用が発生してきます。

建売住宅の場合はすでに完成した住宅を購入するわけなので、それら建築にかかる諸費用を含んだ上で販売価格が決められています。

そのため必要になる諸費用の項目は少なくなります。

一方注文住宅の場合は、それらの費用を土地と建物の購入代金とは別で支払わなければいけないためどうしても諸費用が高くなってしまうわけです。

又、注文住宅購入時の諸費用は事前に全て把握することができない場合があります。

工事着工後に隣地から目隠し設置を要求されたり、解体後に残存物が見つかったりする可能性もあります。

狭小地住宅の場合、連棟住宅を切り離して建て替えることも多くありますが、その場合の解体費用も高くなりがちです。

 

注文住宅のために土地を購入する場合、「土地は不動産会社、建物はハウスメーカー」と別々に発注するケースが多いですが、そのような場合だと上手く連携がとれずミスにつながる可能性があります。

不動産会社は思った以上に建築に詳しくないことが多いので、できるだけ建築に詳しい不動産会社に土地探しを依頼することをオススメします。